群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

梅雨明けていなかったのにこの天気

 最近は雨が続いていますが夏が来ましたね。毎年この時期の個人的な楽しみは高校野球観戦です。

 よく敷島まで行きます。私も学生時代はサッカーをやっていましたが、当時は部活をやるのが当たり前で何も感じませんでしたが、高校球児を見ていると一番身体の動くときにもっと一生懸命やっていればよかったと思います。

 

 7/25に当院の福利厚生として全職員を対象にしたスポーツレクがありました。天気が心配でしたが雨は降らず9時~15時まで一日運動です。スポーツは午前中にキックベース・ソフトバレー、午後はバトミントン・卓球・バスケなど自由に身体を動かしました。キックベースは小学生以来だったので楽しみにしていました。小学生であればボールが飛ぶ距離もそこそこですが、大人がやったらどんなものかワクワクしていました。が、自分は数日前から子供の体調が悪く参加できませんでした。

スポーツレクは大盛り上がりだったそうです。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 当院の職員は運動が得意な人が多いように感じます。それでも、社会人になるとなかなか人数が集まらない、時間がない、など運動不足になりがちな人も多いのかもしれません。


 このように、病院として職員に運動する機会を与えてくれるのは、職場とは違った一面を見られ、運動不足解消にもなり非常にありがたい事だと感じました。次の機会があればその時は参加したいと思います。

 写真は後輩に依頼して撮ってきてもらいました。

 

 これからまだ暑い日もあると思いますので、水分はこまめに摂取し脱水症状に注意して下さい。

 食事から摂取する水分もありますが、一日に1.5~2.0Lの水を飲むのが良いそうで、運動時ではなく通常時でも水分のとり方は2時間おきにコップ一杯程度の水を飲む必要があるそうです。喉が渇いたと思った時には、すでに身体の中は水分が不足しています。

 

 また、夏は冷たい飲み物がおいしく感じますが、身体には常温水がよいそうです。特に高齢者では冷たい飲み物を飲むと胃が冷え、温度を戻そうと体内の血液や水分が胃周囲に集まり、体全体には十分に水分が行きわたらないようです。

 冷たいほうが美味しいですけどね・・・。頭の片隅にでも覚えていてください。

 

 汗をかけば水分摂取はもっと必要ですし、塩分も必要になります。脱水症状に注意して今年も夏を過ごしましょう。

                                                    PTながい