群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

歩行アシスト使っています

イメージ 1

まずは歩行アシストのアシストを行わない状態で歩いていただきました。

 イメージ 2

次に歩行アシストのアシストを入れて歩いていただきました。

歩幅がすこし伸びているのですが、わかりにくいので歩行時の股関節の動きを、グラフで示します。

イメージ 3

 グラフのスケールは同じにしてありますので、股関節屈曲角が10°以上伸びているのがおわかりいただければと思います。

 この歩幅が拡大した状況で、歩行練習ができれば、歩容の改善や、スムースな脚の動き、麻痺の改善などが図れることでしょう。

記事担当:部長さかもと