群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

夏野菜

 厳しい暑さが続いており、熱中症や夏バテといった言葉をよく耳にし

ます。沢渡でも30度を越える日が多く、外でリハビリをされる方も

みかけません。

イメージ 1

 さて私は食材を買うのにスーパーを利用することが多いですが、一年

を通し野菜が種類豊富に揃っています。そのため旬の物と聞かれても

お恥ずかしい話、分からないものも多いです。

そこで8月ということで夏野菜についてご紹介をしたいと思います。

夏野菜の代表的なものではトマト、きゅうり、なす、ピーマンなどと

いったものがあります。


イメージ 2
これらはビタミン、カリウム、ミネラルを豊富に含んでおり、
体を冷やす作用もあります。
 
まずカリウムですが余分な塩分を排出し、
浮腫の解消や高血圧、動脈硬化を予防してくれます。
それからビタミンですが、
私たちの取り入れた酸素の
2%が活性酸素になります。
活性酸素は細菌から体を守ったりするなど
健康維持に必要なものですが、
増えすぎてしまうとシワなどの老化や生活習慣病
引き起こしてしまいます。
そこでビタミンなどの抗酸化物質が増えすぎてしまうのを
抑えてくれる役目を果たしているそうです。

 ついアイスや冷たいジュースを飲みたくなりますが、

まさに暑い日々にこのような旬の野菜を上手に取り入れて

健康管理に気をつけながら過ごして頂きたいと思います。
 
担当記者:ST青木