群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

吾妻准看護学校52期生のリハビリ見学

 今年も吾妻准看2年生のリハビリ見学実習を受け入れました。

 総勢20名。

 ST1時間、OT2時間、医療体育50分、そしてPT3時間!!の合計6時間50分という長時間の見学です。

 これを2回に分けて、10名ずつ、総見学時間は13時間40分!。

 見学をされた方、お疲れさまでした。また、見学に関わったスタッフもありがとうございました。

 講義の中で、強調しておいた事が二つあります。

 まずは、ADLの実践は病棟や、家庭で行えるようにしないと意味がありませんので、看護・介護士の関わるべき部分についてお話ししました。

イメージ 1
 野球に例えると、基礎・実践・公式戦はこのような意味を持ち、リハビリでは基礎練習を如何に病棟実践に繋げ、それを自宅に移行する際にも考えるべき事があるというお話しをさせていただきました。

イメージ 2

 さらに腰痛予防には髄核の動きをイメージして、例えば座っている時間が長かった際には3秒だけ腰伸ばしを実践することが腰痛予防につながりますとお話ししました。