群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

ゴルフと認知機能

こんにちは~(^O^)

 

 当院での他部門との交流を深める場としてゴルフがあります。今年度もさっそくいってきました。リハ部だけでなく、診療部・事務・退職された方等々幅広い方々と交流を深めています。様々な情報交換の場ともなり日々の生活や業務に活かされていると感じています。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 ゴルフに関連してですが、

 国立研究開発法人「国立長寿医療研究センター」(愛知県大府市)は、ゴルフが高齢者の認知機能を向上させるとする共同研究の結果を発表がありました。適度な運動量とプレー中の思考が認知症予防につながるというものでした。

 

 現在、国内で65歳以上の認知症患者は500万人に迫る勢いで、2025年には700万人に達すると予測されています。65歳以上の5人に1人が罹患する計算で、これに関わる社会的費用は145000億円と莫大なものだそうです。


イメージ 4

イメージ 5

 趣味の1つとして、自分自身の介護・認知予防として、社会のためにもつながる運動って素敵ですよね。もちろんゴルフだけでなく、身体を動かす習慣って日々の疲れも飛ばしてくれる大事な要素だと思います。

 

 自分も日々の生活をよりよいものにしていくため一つ一つ頑張っていきます!!

 

 

担当記者:大前