群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

新人教育継続中です

 座学が中心の新人教育も佳境に入ってきました。

 少ない人数でも広いスペースをふんだんに使った当院ならではの研修が展開されています(笑)。

イメージ 1

 ここでは歩行について講義がされています。ランチョロスアミーゴス方式や倒立振子モデルの意味など、基礎的な事を確認していますが、これが実際の臨床で活かせるようになるのは、かなりあとのことになると思います。

 当院の(私の?)歩行に対する考え方は、HONDA歩行アシスト導入後、パラダイムシフトが図られました。今度はこのシフトした考え方をどのように臨床に活かしていくかがテーマです。
 このような点からも新型機器の導入や、新しい知見を学ぶことは継続的に行う必要があります。
  まだまだ頑張ります。