群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

フィンランドからの見学

高崎健康福祉大のプログラムで、
フィンランドのヤムク応用科学大の学生見学を受け入れました。

イメージ 1

 学生は真剣な表情で日本語の講義を受けた後、

イメージ 2

 足漕ぎ車いすの体験や、HAL、歩行アシストを見て、

イメージ 3

 プール、体育館の見学、

イメージ 4

ドライブシミュレータの体験を行いました。
日本の道路は左側通行と言うことで運転しづらかったようです。

イメージ 5

さらに、POPOや免荷式トレッドミルの体験や

イメージ 6

REOGOーJも体験しました(画面は起動中)。

イメージ 7

 2時間の予定を30分もオーバーしてしまいましたが、お互いに良い見学になったように思います。
 しかし、何度やっても外国の方への見学は慣れないのと、私の英語は全く上達していませんでした。
 ただ、受講者の方から”私達も日本語できるようになっておきます”の一言にはシビレました。

 英語勉強しておきます。           理学療法作業療法室長一同