群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

ウォークエイド勉強会

 先日、業者の方に来て頂き「ウォークエイド」というリハビリ機器の勉強会を実施して頂きました。


イメージ 1

 写真に写っている男性の右の膝下に装着してあるのがウォークエイドです。

 初めて耳にする方もいらっしゃると思いますので、簡単な説明をさせて頂くと、

 

 神経・筋に、刺激電極を通して電流を流し、筋の収縮を促す電気刺激療法です。

 主には足首を上げる筋肉に対して使用します。

 当院での、使用方法としては歩行中、足を降り出す際に足首が上げにくく足の引っ掛かりが見られる患者様に対して、足の引っ掛かりの減少を目的として使用しています。

 

 今回はウォークエイドの装着方法についての勉強会でした。

 当院に導入され1年半ほど経過し、使用経験があるスタッフも増えてきました。

 しかし、まだ使用経験が少なかったり、装着方法が曖昧になっているスタッフもいたので、今回改めて基本となる装着方法の勉強会を実施して頂きました。

 電極のわずかなずれで足首の動きが変わってしまうので、目的とする電極の位置からずれないような装着方法を改めて確認でき、より正確性・再現性の高い介入が提供できるのではと感じました。

 

 当院には様々なリハビリ機器が毎年導入されています。

 それぞれのリハビリ機器の利点を理解し患者様に合った介入を行っていきたいと考えます。

担当記者PT伊東