群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

「高校生への理学療法啓発!!」

こんにちは~(^O^)/

理学療法室ブログ隊大前です

 

 前回担当したブログで「地元の公立高校にて理学療法士の仕事について説明してきます。」と申し上げましたが、その時の様子を報告します。

 

 地元の高校にて各医療職(PT.OT.ST.Ns)についての説明と個別相談を行ってきました。

 参加した学生の中には将来の仕事を決めている方や、進路を決めかねている方まで多くの方がいました。

 私も高校生の時は進路で悩んでいましたが、そんな時に実際の理学療法士の職場を見学する機会があり、リハビリを行っている理学療法士・患者さんの世界はとても輝いてみえました。

 「百聞は一見にしかず」という、まさにその言葉通りだったことを覚えています。

 

 今回の説明会ではそんな自分の体験談を含め、理学療法とは何かという説明から、資格取得について、理学療法士の主な仕事内容、普段理学療法士がどういう所に着目してリハビリをしているのか等、ちょっとした体験を含めて説明してきました。

 

ここで高校生に紹介した資料をお見せしたいと思います。

まずは、理学療法とは、、、


イメージ 1
【図1】

日本理学療法士協会HPより引用

 

 また、理学療法士は動作を見ますが、そのポイントの説明(2)や、立ち上がり動作(3)については動画を利用して説明しました。


イメージ 2

【図2
イメージ 3

【図3


 こんな内容も含めて個別相談をしましたが、参加してくれた学生さん達も熱心に聞いてくださり、私にとっても有意義な時間を過ごすことができたと思います。

 

 これからを担う学生さん達の今後や、進路を決めていく上で少しでも参考になれたら幸いです。また、我々現職者がそういった学生さん達にしっかりとした背中を見せていけるよう日々精進していかなくてはならないと改めて感じさせられる時間にもなりました。

 

 これからに向けて一緒に頑張っていきたいですね!!

 いきましょう(^^)

担当記者:大前