群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

床から立ち上がる方法

 いただいた質問に言葉だけでは難しさを感じましたので、絵を掲載しました。絵の出典は群馬県理学療法士協会の公開講座資料です。

 転がった人などを起こす方法には様々あると思いますが、
 一例をお示ししたいと思います。

 二段階に分けて考えてください。
①起こす、②立ち上がる、です。

 ①まずは起こします。

イメージ 3



次に、片方の足部を膝下に入れて、片膝を曲げてください。
膝下には良い方の脚を入れるのが良いでしょう。

イメージ 1
腰を引き上げる、もしくは前に押すようにして、絵では左膝を床についていただくようにします。
イメージ 2
 ②つま先を立て、手をついていただき、どちらも床を押していただくようにします(ちなみに、床を押しているのは左手です)。

 基本的にはこのようにして立ち上がりますが、膝が悪い方、腰が痛い方などは別の方法を用います。

 介助の方法は、体を支えるように使うことが良いでしょう。

 手を引っ張ることなどはお勧めしません。

介助される方にも怪我をさせないよう気をつけてお手伝いをお願いします。