群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

医療連携の会(その2)

今年もデータ分析を行いましたので、その報告を・・・

イメージ 1

 脳卒中地域連携パスで前橋日赤、高崎医療センターを昨年度退院された患者さんが対象です。

 上記二つの病院を退院された脳卒中の患者さんで、

 当院のような連携病院に入院されたときに飲み込みに障害のみられた患者さんでも1/3以上の方が口から摂食できるようになっているという結果のグラフです。

 赤で表記している方が嚥下機能のよくなった方で、中には変化のない方もいらっしゃいますが、多くの方が改善していると言うことがわかります。

 回復期リハで口から食べられるよう、一緒に頑張っていきましょう。