群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

HALのデモンストレーションに来ていただきました

5月から発売される、HAL自立支援用と、HAL単関節用の
デモンストレーションにダイワハウスから来ていただきました。


イメージ 1イメージ 2

写真を取り忘れましたが、パンフレットから単関節用の写真です。

イメージ 3

福祉用から自立支援用に変更し、重厚になっていますが末梢電位がとりやすくなっていることと、自律制御モードが搭載されたことが特徴のようです。

下肢長、幅の調整が簡便になっており、自律制御モードで電極を張らなくても使用できる点が魅力です。

当院も医療用なのか自立支援用なのかで悩むところです。

また折を見て介護支援用(腰タイプ)のデモもしていただく予定です。