群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。通常のリハビリに加え、早朝リハビリを施行。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。多くのリハスタッフで患者さんを担当させていただいております。

リハビリと関係ないわけではないクスリの話

 リハビリ担当なので、専門外の話ですが、クスリはキチンと飲みましょうというお話しです。

 

 長期的にクスリを飲んでいる方は、医師や薬剤師にご確認ください。

 

  f:id:sawatarispa:20210108180744p:plain

 

 いくつかの文献からの引用です。

 

 退院後3ヶ月以内に、医師の診察を受け、治療薬について医師または薬剤師から説明を受けてください。

 

 医師の診察を定期的に受けない患者の服薬遵守率は低いそうです。予約してスケジュールを守りましょう。

 

 一年程度で3人に1人は1種類以上の薬をやめてしまう。継続は力なり。

 

 日常生活動作が要介助の患者さんほど服薬遵守率が低いとのこと。やはり自己管理をするのが難しくなるということもあるでしょうか。

 

 特にDOACや高血圧の薬は自己判断で止めてしまわないようお願い致します。

 

 降圧剤の服薬順守率40%未満だと、再発や死亡するリスクは高順守率患者の1.80倍になるそうです。

f:id:sawatarispa:20210108180857p:plain

こんな感じ

 こんな怖い話ではなくても、体調が悪くなる可能性も高くなってしまうとお考えください。

 

 自己判断でクスリを見限らないで、医師にご相談を。

 

直接経口抗凝固薬(Direct Oral AntiCoagulants:DOAC)とはこんなクスリたちです。

ダビガトラン(商品名:プラザキサ)

リバロキサバン(商品名:イグザレルト)

アピキサバン(商品名:エリキュース)

エドキサバン(商品名:リクシアナ)

 

使っている方はすぐにわかりますね。

 

                            記事:さかもと