群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

つかまり立ち

 つかまり立ち練習をされている方にはちょっと申し上げにくいのですが、

イメージ 1
 脳卒中後のリハビリでは、装具やセラピストが支えながら行う、立位練習には特別な効果はないという報告があります。

 では、どうすれば良いのか?ですが、

 立位になるまでの過程である”立ち上がり練習”には有効性が認められています。

 また、立位姿勢で行う、”麻痺側への荷重練習”も有効とされています。

 さらに、歩行に繋げるための”ステップ練習”なども良いでしょう。

 いずれにしても、姿勢を保つ練習ではなく、どのように動くかを考えてリハビリを行っていくべきでしょう。

 しかし、転んでしまっては元も児もありませんので、できれば療法士にお手伝いさせてください。