群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

『リハスタッフの資格について』

こんにちは。

今回は、リハビリスタッフの資格について話をしようと思います。

 

リハビリスタッフは、当院では、理学療法士PT)・作業療法士OT)・言語聴覚士ST)・健康運動指導士(MST)の4職種がいます。

 そして、私は言語聴覚士なので、言語聴覚士(以下STとします)の立場からの話です。

 

 STは当院では13名勤務しています。それに比べ、PT60名超、OT40名超となっています。リハビリの中でSTは数が少ない職種となっています。全国的に見ても、やはり、PT1/5程度の人数となっています。国家試験になったのも約20年前のため、歴史の長いPTOTにはまだまだ追いつきません。


イメージ 1
 

 そして、各職種の資格は国家試験となります(MST厚生労働省の認定資格です)。

 今年も、218日にSTの国家試験がありました。私も覚えがありますが、試験会場の緊張と言ったらありません。

 そして、今年も多くの受験者が緊張の中頑張ったのだと思います。特にSTは合格率が低く、国家試験は一種の登竜門となっていると思われます。


イメージ 2

 資格取得後も日々勉強ですが、当院でも4月より新しい仲間が増えます。

 切磋琢磨できるよう、一緒に成長していきたいと思います。

 

STまつもと