群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

今年も残りわずか...!

Xmasも終わり、もう今年も終わりますね(´∀`)
一年があっという間に過ぎていくので、
もっと時間を大切にしなくては...!と思う記者です。
 
当院には環境整備やリハビリに関することなど
様々な分野の係や委員会があります!
その中の備品係について
簡単ですが、説明させて頂きます。
 
普段のリハビリでも患者様に物品を貸し出す際には
安全に使用できるようにしっかりと確認していますが
その他にも1ヵ月に約1回の頻度で
業務後に皆で集まり物品を
安全に使用できるように確認作業を行います。
 
各病棟の歩行補助具、装具、
その他の細かい物品の整理やナンバリング、
不具合や故障はないかなどの確認を行い
少しでもおかしいところがあれば修理に出して
患者様に物品を貸出しやすい環境をつくっています。
 
イメージ 1
 
これで安心して物品を使用することができます♪
 
イメージ 2
 
今年は、いつも以上に感染症が流行しているので
皆さん手洗いうがいを忘れずに!良いお年を☆
                                  担当記者 PT茂木