群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

LLB

脳卒中の患者さんで重度な麻痺がある方では、このような装具を利用して歩行訓練を行う事があります。

イメージ 1

これをLLB(エルエルビー)といい、これは英語の略称で、日本語では長下肢装具といいます。
これを下のイラストのように使い、歩行リハビリを行います。

イメージ 2

麻痺した脚でも反射などを利用して、体重支持を繰り返すことで、だんだん股関節や膝で支えることができるようになってきます。

膝、股関節が少し支えられるようになったら、次は・・・
装具を短くします。

イメージ 3

このようにリハビリは段階を踏んでいきます。装具を短くするタイミングは理学療法士とご相談ください。

長下肢装具で初めて歩くとき、不安で”無理だ-”と仰る患者さんも多いですが、いい方の脚に特別問題がなければ、ほとんどの方は介助歩行できます。

歩けないと嘆いて何もしないよりも、まずチャレンジしてそれから考えてはいかがでしょう。当院は”歩きたい”を応援します。