群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

群馬テレビに当院職員が出演しました

 ニュースeye8のコーナー スタイルeyeに当院の渡辺宏幸さんが健康運動指導士として出演しました。

イメージ 1

 渡辺さんは健康運動指導士の資格も持ちますが、当院では、理学療法士として働いていただいています。

昨日は”脚を鍛えて健康に”ということで、普段の実力が発揮できたのではないかと思います。

イメージ 2


 補足ですが、昨日鍛えていた太腿の前の筋肉は、加齢とともに男女とも一番低下しやすい筋肉です。

 若々しく健康寿命を延ばしたいと考えれば、40歳くらいからは足の筋トレが必要ではないかと思います。

 定年を迎えてさあこれからなどという方は多いようですが、体が動かなくなっては元も子もありません。

 筋トレは2日に一度行えば、効果は持続します。ローマの道も一歩から。若いうちから自分の介護予防や健康を考えたいものです。