群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

2016-12-06から1日間の記事一覧

歩行時の安定性を高めるために

股関節の外転筋は、歩行時の骨盤を安定させるために大切な筋肉です。 変形性股関節症などの疾患による人工股関節の手術後は、この筋肉に問題が生じやすくなり、歩行時に体が横にブレやすくなるという特徴があります。 そこで、この筋肉を鍛えましょうと言っ…