群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

深谷赤十字病院 地域連携パス会議 その3

パス会議での報告は最後です。
イメージ 1

 歩行アシストの使用結果について、歩行補助具の変更や、歩行速度の増加について、動画でご紹介させていただきました。
 また、HAL使用前後で立ち上がりがスムースにできるようになった症例について、動画でご紹介しました。

イメージ 2

 また、IVESの使用前後の結果についても動画でご紹介をしました。
上の左右の絵はSTEFという検査を利用していますが、ボールの移動スピードに変化が生じていますし、下の絵は上肢の挙上についてですが、上肢が頭の上まで挙がるようになりました。

イメージ 3


 いろいろな先進的なリハビリを導入してはいますが、当院としては、まだまだ課題があります。
 やればやるほど課題が増えるということは常で、上のスライドに記載した5点について、重点的に強化を図って行きたいと思います。
 遠いので尻込みしてしまうというお話しを良くお聞きしますが、大学病院でもこれだけのリハ機器を治療に活用している機関は少ない、という話もお聞きします。
 遠隔地でもできるリハビリはありますので、自分に合ったリハビリを見つけに、沢渡まで是非お越しください。