群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

アンケート結果報告(当院の悪い点)

当院の悪い点

青字はご意見、黒字は御回答を示させていただきました。


全体的に暗いイメージがある。

病棟の廊下の照明は暗めに設定してあります。病棟は休むところであり明るくしすぎると夜間でも目が冴えて過ぎてしまいます。リハビリの時間と休む時間を切り替えて、メリハリのある生活をお願いします。

 

階段も使えるようにした方がよいと思います。

セキュリティーの観点から自由な出入りは不審者への対応ができなくなる恐れがあり、階段のロックを実施しています。リハビリとして階段を利用したいという声もありますが、個別訓練実施の際に担当理学療法士作業療法士にご用命ください。

 

退院の日に玄関先で介助して欲しかった

 車への移乗動作について、ご家族への療法士の連絡が不十分であったことについてお詫びしたいと思います。群馬で生活を行う以上、車の乗降は手段として必須となります。このように退院の際、生活のしにくさなどに気がつくこともありますが、365日リハビリを行っていますので、是非入院期間中のリハビリをご見学いただき、ご家族様は退院後の介助・介護の不安を一つでも少なくできるようセラピストに質問していただきたいと思います。すべての方で日常生活活動が自立できる訳ではありません。少しの介助、後押しといった点で、ご家族の愛情が必要になることもあります。そのときセラピストと議論したことが生きてくることもありますのでご協力をお願いいたします。また、介助量が多く手助けが欲しいと思った場合は、事務室職員までご連絡ください。当院の事務職員は移乗介助ができます。

 

最低限のマナーやルールを守れない患者に対して職員がいい人過ぎることがある。

マナー、ルールにつきましてはその人ごとの生育環境等によりかなりの個人差があります。また、高次脳機能障害認知症などの方に対して頭ごなしに注意する事は、鬱病への導因となったり混乱を来したり、治療上良くないことにつながりかねません。人生経験豊富な方々に対し、若い職員が注意しても素直に受け入れること事態が難しくなっていることもあります。従って職員には不用意に注意することのないよう指導しております。みなさまの常識の範囲内でルールが遵守されることを期待したいと思います。


リハビリ関連にいただいたご意見について,簡単な解釈とともに掲載させていただきました。これだけに終わらず、ご意見は有効に活用させていただきたいと思います。ありがとうございました。