群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

運転能力評価サポートソフトの意見交換会に参加しました

脳損傷者の自動車運転再開支援のための取り組みとして

新潟医療福祉大学作業療法学科と

聖隷三方原病院の事例報告がありました。

新潟も浜松共に、地方都市であり、

脳損傷した方であっても、どちらも自動車運転の可否が

生活上死活問題となることもあるとの報告をいただきました。

また、神経心理学的検査では、検出されない危険運転をする症例があったり、

シミュレータは良好でも、実車運転で問題が発生する症例もあり、

シミュレータを活用して、危険運転の気付きを促したり、

実車運転への評価ツールとしてサポートソフトが有用である旨を、

もっと認知すべきだと思われました。

情報交換会の後にはASIMOのデモもあり、

さらには懇親会も開催していただき、場をつくろうというHONDAの

心意気も感じました。

イメージ 1

イメージ 2

北は新潟から、西は大分まで、参加された皆様、お疲れ様でした