群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

【ぐんま自動車リハビリテーション研究会】

 10群馬県公社ビルにてぐんま自動車リハビリテーション研究会の第6回研修会に当院の作業療法室から丸橋舞さんが参加されたので報告させていただきます。
 
ぐんま自動車リハビリテーション研究会とは?
  こちらをクリック!!
イメージ 1

 今回は【高次脳機能障害の自動車運転にかかわる医療職の方】を対象に、各病院の作業療法士が症例検討を行いました。
 他に自動車運転に関わる企業展示などもありました。
 
以下は今回、発表した丸橋舞さんのコメントです。
 
 症例検討というかたちで発表させていただき、脳卒中患者様の自動車運転再開に対するOTとしての関わりについて深く考える良い機会になったと感じています。
 
 一言で“脳卒中”といっても障がいは人それぞれで、さらに自動車運転も必要とされる能力が多岐にわたるため、病院内での机上検査やドライビングシミュレーターの評価のみでは不安な部分もあり、運転再開の検討の難しさを実感していました。
 
 そんな中、教習所での実車評価を行う機会を与えていただき、運転再開に向け患者様やご家族様を巻き込みながら具体的な検討を行うことが出来ました。
 
 さらに患者様の協力のもと発表をさせていただいたことで、高次脳機能障害と個人因子と自動車運転の関係性に対する知識を深めることができたと思います。
 
 群馬県は車社会で、自動車運転が日々の生活で重要な役割を担っていることが非常に多いと思います。退院後自動車運転再開が必要な患者様に対し、今回の経験を活かし支援をしていきたいと思います。

イメージ 2

 丸橋さんのコメントを聞き、自分も自動車運転再開に関わっていきたいと思いました。
 
 
                   記事担当:OT天田