群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

「睡眠とメンタル」

初めまして!作業療法士2年目の高橋です。

 

最近は、夏も終わり,秋の涼しさを感じる季節になってきました。

 

寒い日が続くと「布団から出たくないな~。まだ寝ていたい」と思うこともしばしば。

学生の頃は、「寝るのがもったいない。」と思っていましたが、今は早寝早起きを心がけています。皆さんも,季節の変わり目で,体調を崩しやすくなると思いますので,体調を崩さないように気をつけましょう!

 

 

さて、その睡眠について今回お話をさせて頂きます。

 

 その患者さんは、「今後のことが不安で寝られないんだよ~」との声や,リハビリ中表情が暗く,涙を流す場面やネガティブな発言が聞かれていました。

逆に、「昨日はよく寝られた」と仰られた時は、顔色が良く、冗談交じりな会話が多いい印象を受けます。

 

そう、ご存じの方は多いと思いますが、睡眠とメンタルは関連しています。

調べによると、

「一日に4時間半ほどしか眠れない睡眠不足が5日続くと、不安や抑うつ傾向が強まる」また「ネガティブな感情刺激に対して反応しやすくなる」といわれています。

 

 不安を抱えている人は多いと思います。私自身,不安や悩み事を他人に聞いてもらうだけでも不安が減ります。周りの人や患者さんで悩みや不安を抱えていたら,それを聞く事や、Activtyを通して、不安要素が少しでも軽減していただけるように関わっていきたいと思います。さらに、楽しみを一緒に見つけられるセラピストを目指したいと思います。

                              記事担当:OT高橋