群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

杖を使った歩き方

イメージ 1

 通常は左側の2動作歩行です。この絵では➁が左足と揃っていますが、杖や左足を追い越して歩くことが多いと思います。

 杖と左足を同時に出し、その後右足を出すという2回の動作で一歩行周期が完結するため、2動作歩行と一般的に言われています。

 歩行時のバランスが悪いとか、歩く際の恐怖心が強い方が多く行っているのが、右の3動作歩行です。杖が①、左足が➁、右足が③という順番で出していきます(③がありません、申し訳ありません)。

 先ほどと違い、右足が左足を追い越すと、バランスが悪くなるので、③の時は脚を揃えるようにしてください(つま先や踵をくっつける必要はありません-バランスが悪くなります)。

 2動作と3動作の違いで、歩く速度も1.5倍以上違い、3動作の方が遅くなります。

 痛みや、安定性、筋力などによって最適な歩き方は異なると思います。

 お近くの理学療法士にご相談ください。