群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

学会で報告したモノとしないモノ

 最近はネタに窮しており、頑張って過去の発表をあたってみたら、こんなのが出てきました。

 2014年に報告したモノです。

イメージ 1
 
 なかなか良い線行ってると本人は思ってます。
 たぶん、”おまえはまだグンマを知らない”より前です。

 リハ医学会でこれを報告したのですから、なかなかの度胸だったと思います(゜o゜;)。群馬の方、笑ってあげてください。

 ところで、ここで報告しなかった資料がありました。

 これです。

イメージ 2

 上は決定木の紹介に使いましたが、これはお蔵入りしていましたが、

 今日、お披露目できました。

 脳卒中患者さんが当院の回復期リハ病棟でリハビリを行った結果です。

 下の数字は、歩行自立(修正自立以上)の割合を示しています。まずは入院時の座位の状態で枝分かれし、次にFIM認知項目の合計点でみていきます。
 今はもっと自立割合は増えていると考えています。