群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

切磋琢磨

最近寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。病院の周りの山々は、少しずつ色付き始め、季節の移り変わりを感じています(*^_^*)
 
現在当院に、安中市にある須藤病院からリハビリスタッフの方が研修に来られています。


今回はその様子を紹介したいと思います。以前のブログでも少し紹介されていましたが、縁があり当院のリハビリ室に研修に来られることになりました。主にロボットスーツHALや歩行アシスト等の先進機器の使用の様子を見られることが多いですが、その他通常のリハビリやリハビリ以外の業務等も見てもらっています。


始めは、他の病院の理学療法士の方にリハビリを見られることは初めてで、緊張や不安もありました。しかし、研修を進めて行く中で、お互いの病院の良いところや改善が必要と思うところなど、様々な発見がありました。


また、私自身第三者の目線から見ていただく事で、自分の仕事を見直す良い機会になり、良い経験となりました。今後も切磋琢磨し、お互い刺激し合える良い関係を築いていきたいと思っています。


下の写真は、須藤病院の理学療法士の方です。
大変お世話になりました。

イメージ 1
                                 担当PT清水