群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

WalkAide®による電気刺激療法を実施しています

WalkAideによる歩行訓練を実施しています


イメージ 1

上段は最初の日、
下段は最後の日(4日後)、歩行時の0.3秒毎の写真です

撮影角度が違うので、少し見にくくなっていますが、

4日後の方が、歩幅が伸びているのがおわかりいただけると思います

(歩行周期は変わっていないので、結果的に歩行速度は上がっている)

この方は脳卒中で、下垂足(足を持ち上げると下に垂れる)がみられる方で、退院直前の4日間で施行しました

電気刺激により、足首の補助を行ったことで、左足の前方への踏み込みがしやすくなった結果、歩幅が伸びたと思われます

僅か4日間で、これだけの効果が出ている機器ですので
プラスティックの簡易型装具で歩行訓練中の方は、一度試していただきたいと思います