群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

walkaide®の実地指導及び講習会を行いました

Walkaideの講習会を行いました。

walkaideは、脳卒中や脊髄損傷などの患者さんで起きる ”下垂足” を改善します。

イメージ 1

 また、短下肢装具を使わずに歩けるような可能性を広げる機器です。

動画はウォークエイドの紹介です。海外ではかなり長く使われています。

 歩行で利用する傾斜センサーモード以外でも、様々な応用がされ、自転車エルゴ、相反抑制を利用した筋痙縮軽減、立ち上がりへの応用、立脚の際への応用、ミラーセラピーやメンタルプラクティスの応用など、様々な使い方についてご教授いただきました。

 当院での使用範囲も順調に拡大しそうです。お忙しい中、帝人ファーマさんには半日おつきあいいただきありがとうございました。