群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

院内歩行アシスト講習会開催しました

イメージ 1

講習会で使ったスライドです。
文章なのでわかりにくいですが、仲の良い人と歩いていると歩調がそろうという現象を利用したのが歩行アシストです。
SMAとは、歩幅をマネジメントしアシストする機械のこと。
歩幅や歩調をコントロールすることで、歩行安定性を改善させる新しいデバイスです。


イメージ 2

歩行アシストを最近はSMAということが増えてきました。
一年試用し、30数例の実績これからも多くの患者さんに試用いただきたいと思います。