群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

骨について

 皆さんは、身体にいくつの骨があると思いますか?

 

f:id:sawatarispa:20211227114453p:plain

 

 正解は「206個」です!成人の身体には、6種類の様々な形の骨、計206個もあり、体重の15~18%を占めると言われています。

 

 これらの骨には5つの役割があります。

 

①身体を支持する

②臓器を保護する

③付着した筋の運動の起点となる

④血液を作る

⑤カルシウムなどの貯蔵

 

 以上の5つ。

 

 大切な役割をもつ骨ですが、「骨粗鬆症」によって骨の強度が低下して、骨がもろくなり、骨折しやすい状態になることがあります。骨粗鬆症の多くの方は、加齢や閉経に伴い罹患します。

 

 骨粗鬆症の予防としては、栄養のある食事と適度な運動が大切になります。

 また、骨粗鬆症の方は、リハビリの視点からは、転倒を防ぐことが大切です。

 

 今後、ますます寒くなり、凍結した中で雪かきをする方や、炬燵からでられずに運動不足になる方、お正月で食べ過ぎてしまう方、色々な方がいると思います。

 

 どの方も、骨粗鬆症の予防のために、バランスの取れた食事と適度な運動、転ばないための予防を心掛けてみて下さい。

 

 

                       記事担当:PT新井