群馬リハビリテーション病院 リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。通常のリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使し、多くのリハスタッフで患者さんを担当させていただいております。

【リハビリ室にあじさいが咲きました!】

みなさん、こんにちは。梅雨に入りましたね。

じめじめしていて、ぱっとしない天候が続きますが、あじさいはこの時期にしか見ることのできない素敵な花です。形や色合いも独特で、唯一無二の花ですね。

 

リハビリ室のあじさいも色とりどり、患者さんが丁寧に作って下さいました。

折るバージョン、貼り絵バージョン、色の組合せも個性がでますね。

 

日本の花は四季を感じます。

このお花づくりの活動を通して、季節の話題から、昔の話題等に繋げ、回想できます。

 

作業療法では、製作することだけが目的でなく、製作していく過程でのコミュニケーション、できあがっていく作品を見ることでの高揚感。

すぐ完成するのか、日にちをかけて完成するのか、完成した時の達成感、製作過程においての一連全て、リハビリの一つになります。

 

外出自粛が緩和されたとはいえ、まだ以前に比べると外出が自由にできないことが続いていると思います。

ですが、屋内でも工夫次第で、季節を感じることはできると思います。

みなさんも、自分なりの季節を感じてみてはいかがですか?

 

f:id:sawatarispa:20200624095826p:plain

 

                               OT下田