群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

リハビリテーション総合実施計画書

 先日もお話ししましたが、この書式が変更になります。

 

 今回はFIMを点数で記載して説明することが求められています。

 

f:id:sawatarispa:20200327141732p:plain

 ここで、このFIMで、実行状況というのが気になるところですが、病棟内で実際に行っている活動で評価を実施します。

 

 良くあるのが、できるけどやらない場合ですが、この場合はやらない方で点数をつけます。

 従って、一人でも歩けるけど疲れるから歩行を移動手段として使っていない、という場合は「歩行」は、1点と評価されます。

 

 移動に杖や手すりを使っているだけでも減点の対象とはなりますが、減点を少なくする事だけを考えるのではなく、どうやったら退院後活動的な生活を送れるのか考えながら、一緒にリハビリしていきたいと思います。

                        記事:さかもと