群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

【リレー・フォー・ライフ】

 外に出ると秋風が漂い、徐々に暑い時期から寒い時期へ入っていく感覚を感じ、こういう時は好きな物でも食べて、冬に備えようと思いますね。僕はラーメンが好きです。
 
さて、今回の内容は、日本人の死亡原因不動の第1位である「悪性新生物(がん)」についてお話しさせて頂きます。


この内容を書こうと思った理由は、先日行われた「リレーフォーライフ」というイベントに行った事と、身近で「がん」に罹患した方がいたことです。(最近は、ノーベル賞でも話題となりましたね)
 
リレー・フォー・ライフ(命のリレー)とは、がんに立ち向かう方々の勇気を称え、がん患者や家族、友人、支援者と共に地域一丸となってがん征圧を目指すチャリティー活動です。


リレーウォークでは、共に歩きながら語らう事で、がんへの理解を深めあきらめない勇気、生きる希望を感じていただくという内容です。
 
 昼12時から次の日の12時まで、夜通し行われるイベントでした。
 
「がんと闘う」・「がんと共存する」色々な考え方があります。
下記はその時の風景です。幟を持って歩いています。
イメージ 1

↓写真は、ルミナリエ袋です。

イメージ 2

ルミナリ工袋には、メッセージが書かれています。メッセージを見ると様々な情景が思い描かれ、感慨深いものがありました。リレーフォーライフは毎年行われております。興味がある方は、来年いかがでしょうか。
★ちなみに★ 現地では、上州牛の牛串や、麦豚の豚串、餃子、モツ煮うどん等も売っていました。食べ尽くしてきました。
※ラーメンじゃないんかい!(笑)
                 記事担当:OT丸山