群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

吾妻セラピスト交流会番外編

 昨日、地域のPT・OT・ST・MST向けに、吾妻地域リハ広域支援センターとしての取り組みをお話ししてきました。

 参加者は50名を超え、某会場は一杯になるまで参加いただき、ありがとうございました。

 僅か25分という短時間でしたので、何を言っているのか伝わらなかったと思いますので、本ブログ上で少し再現を試みます。

イメージ 1

 まずは吾妻全体のお話しから・・・

 人口5万5千人を切りました。面積は群馬の1/5を占めています。

 吾妻地域リハ広域支援センターの担当する範囲は、6か町村、一番遠い事業所は(たぶん)嬬恋村田代。

 距離にして50kmを超えますので、県庁に行く方が近いというお話しをしたことがあります。

イメージ 2
 通常、広域支援センターは、地域住民へ向け啓発活動や相談、地域のリハビリ関連職には実地指導を行っています。

 当院の支援センターは特殊で、さらに官制の介護予防事業を請け負っています。

 この話は、次の機会に譲りたいと思います。