群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

体力と生存率

 生存率と聞くとドキッとしますが、体力がある人が長生き(生存する)可能性が高いという図です。

 ちなみに、サバイバル環境での生存率ではありません。海外の論文からの引用だったと思いますが、健常者(左)と心疾患を持つ方(右)です。

イメージ 1

 どちらも体力、筋力がある方が生存率が高いという結果です。

 年単位の長期でみていけば、生存率にも影響がでる・・・

 普段から体力はつけておいて損はないと思います。