群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

東京に遠征しました

4月下旬を迎え、沢渡周辺の桜も満開になり、暖かくなりました。


暖かくなると外に出たくなるものですが、当院でも、職員の中にマラソンなどのスポーツに精を出している人も多くいます。


なかでも先月の311日に東京で開催された皇居Cityラソンに我らが作業療法室のエース関仁紀さんが出場し、なんと優勝という輝かしい成績を残してきました。

イメージ 2


 関さんは一日20㎞以上走り込み、当院での肺活量ナンバーワンではないかという噂もあるつわものです。


 さらに道具にもこだわりが有り、あの有名な青山学院と同じシューズを使用しているとの事。
 
 我が先輩ながらどこまで自分を追い込んでいくのだと眩しいくらいです。皆さんもこの春、健康的に身体を動かしていきませんか。


イメージ 1

担当記者 OT山口