群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

【症例検討会!】

病院内の活動として・・・

 

理学療法室では、日々患者さんの治療や経過を、

症例検討としてスタッフ間で話し合い、今後の治療介入に活かせるようにしています。

 

今回は、理学療法士の真下さんが、HONDA歩行アシストを使った症例について、発表してくれました。

 

        f:id:sawatarispa:20190924093017p:plain

 

 スライドにまとめて発表することで、自身が提供したリハビリがどうだったのか整理ができ、考えをみんなと共有することで、新たな意見も聞くことができて、それを取り入れることが出来ます。

 

 どの病院でも取り組んでいることとは思いますが、これの継続には苦労が多く、病院・施設では、実施頻度が減っていると聞きます。

 しかし、こうした日々の積み重ねをすることが、患者さんによりよい治療を提供できるものと考え、継続していきたいと思います。

 

                        記事担当:PTくまだ