群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

とろみ自動調理機勉強会

 

ニュートリーとアペックスが『とろみボタン』付きカップ自動販売機を共同開発しました。

当院でも先月勉強会が開かれました。

私はお休みで残念ながら参加出来ませんでしたが、この機器の特徴として、

 

①とろみの濃さを調節

トロミの濃さを利用者に応じて『薄いとろみ』『中間のとろみ』『濃いとろみ』の3段階

から選べます。 

 

②とろみ調理を自動化

撹拌作業を自動化することにより、とろみ剤のダマやムラが少なく、安定したとろみ飲料が提供できます。

またレギュラーコーヒー・ココア・カフェラテ・緑茶等も提供可能です。

 

今のところ、当院への設置はありませんが、外出先でとろみ剤が必要な方が、とろみ剤の必要無い方と同じ物を飲めるというのは画期的ですね。

 

f:id:sawatarispa:20190819142512p:plain

株式会社アペックスHPより引用

                          記事担当:ST田村