群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

フィールド医学10年のあゆみから

2004年に開始された、土佐町フィールド医学10年のあゆみから
運動と将来の介護認定についての報告です。

イメージ 1
 土佐町内の高齢者を対象に左側の5項目のうち、3項目以上できるか否かで、2年後の要介護認定を調査しました。

 5項目中3項目にハイと答えた方(4と5はイイエのようですが・・・)は、2年後の要介護認定率が3%でしたが、3項目に至らなかった方では認定率が12%でした。

 運動機能や転倒をしないことが要介護認定にならないために必要なことのようです(4倍要介護状態になりやすい)。

 ローマは一日にしてならず。運動機能を高め、転倒をしない体をつくるには普段からの活動量維持が大切で、やはり健康で年齢を重ねていきたいものです。