群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

トイレ長くなっていませんか?

飲む食べる、消化する、出す。

人間の生命維持に大事な機能です。

このうち今回は”出す”ということですが排便の際にはこの人の姿勢が良いようです。

イメージ 1

 この姿勢が、直腸が重力に対して垂直になるので、排便がしやすくなる姿勢と言えます。

イメージ 2

 上の図のように普通に便座にすわるよりも、体と股関節のなす角が35°が理想のようです。

イメージ 3

 最近はこんな台も売られており、トイレにいる時間が有意に短縮したとの報告もあります。

 快食、快眠、快便。昔からよくいいますが、血圧上昇を押さえる意味でも良いのではないでしょうか。
(100円均一で代用できそうなものもありそうです)