群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

包括支援センター研修会

 地域ケア会議開始に向け、講演会を行ってきました。

イメージ 1

 その中での話題で挙がったリハビリに関する誤解ですが・・・

 理学療法士などの専門職が行っているのがリハビリ
 マッサージしてもらうのがリハビリ
 体を動かしてもらうのがリハビリ・・・
というものがあります。

 揉めばその場では良くなったような気がしますが、長期的にはよくなりません。

 姿勢を変え、体の動き方を修正し、筋力つけ、やりたいことを見つけて自ら積極的に活動できるようにする。

 能動的に活動できるようにしないと、本来の意味でのリハビリにはなりません。

 講演会はPT山崎くんが担当してくれました。