群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

高齢者の姿勢

 先月、東京で行われたセミナー、言語聴覚士のための姿勢から介入する嚥下障害へのアプローチについて』に参加させて頂きました。


イメージ 1


上の写真はご高齢の方によく見られる姿勢です。

・背中が丸まっている

・膝が曲がっている

・前を見るために顎が出ている

・肩の関節が前に出ている

といった特徴があります。

 

 背中が丸まっていると筋肉や血管が伸びたままになり、また血液の循環が悪くなり腰に痛みがでます。それから肩の関節が前に出ていると呼吸の筋力も低下します。さらに顎が前に出ていると首の筋肉も固まって飲み込みがしにくくなるといったことがみられます。


イメージ 2


 このようなことを防ぐためにはトレーニングやストレッチが大切になるそうです。皆様も姿勢について一度考えて頂ければと思います。

 

ST青木