群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

『言語聴覚の日をご存じですか?』

こんにちは。

皆さんは『言語聴覚の日』というのをご存じですか?

もしかしたら、ブログでも紹介していると思いますが、改めて紹介させてください。

『言語聴覚の日』とは、日本言語聴覚士協会が、言語聴覚障害や摂食・嚥下障害ならびに言語聴覚士について広く知っていただくことを目的に、言語聴覚士法が施行された91日を「言語聴覚の日」とし、その前後の1週間を「言語聴覚週間」として集中的な広報活動を行うことにしたものです。

そして、毎年、群馬県でも一般社団法人群馬県言語聴覚士会が『言語聴覚の日』というのを開催しています。今年で第4回目となりましたが、毎年当院からもボランティアとして参加しています。

スマーク伊勢崎で行われたのですが、言語聴覚士を知ってもらうため、チラシを配ったり、日々患者さんと行っているリハビリ課題を実施したり、言葉や食事についての相談ブースを設けたり、ぐんまちゃんが登場したり・・・賑やかなイベントでした。

なにげに、当院から退院した患者さんにお目にかかることもでき、担当STは喜んでいました!

毎年8月末~9月上旬に開催されます。

興味のある方は是非今年の9月に見に来てください!

日程の詳細は群馬県言語聴覚士会のホームページに載りますので、チェックしてみてください。

写真は、昨年度の当院からのボランティア参加者の様子です。

ST江口

 
イメージ 1