群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

Walkaide®

 院内報の内容紹介です。

 今回はウォークエイドを取り上げます。

イメージ 1

 歩行時の電気刺激機器です。

 当院では短下肢装具からの離脱をすることを目的に利用しています。


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 10日間の利用で、脚の運びがスムーズになり、歩行速度が上がっています。

 最近では県内6病院で活用されているという情報があります。

 足関節を中心とする麻痺に対して意味のあるリハビリが行えそうです。

記事:リハ部長さかもと