群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

手作り自助具シリーズ

今回は自宅でも一人で移動ができるようシルバーカーの調整を行いました。


 この方は自宅退院を目標とし、自宅には段差があり、
 シルバーカーとロフストランド杖という杖を両方使用する必要がありました。


 そこでシルバーカーにロフストランド杖を装着できるよう調整しました。


 写真のように下にカゴと上に水道管を結束バンドで取り付けました。


 ポイントは腕の動く範囲の制限や筋力低下があるため、取り出しやすいようにした事です。
水道管をこのような用途で使っているのは私達だけじゃないでしょうか。(笑)
 物は使いようだと思います。
 
 自宅に帰った際にはこのシルバーカーを使用し一人で移動が可能となる事で、トイレへ行く事やお腹が減ったら居間へ、疲れた時には寝室へ、好きな場所に好きな時間に一人で移動し生活が送れる。


 この方らしい生活が送れればいいなと思っています。

イメージ 1イメージ 2


















記事担当:OT粕川