群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

イノベーティブリハ研究会

 セミクローズな会ということで、細かい内容はあまりお話しできませんが、上記の研究会に参加してきました。

 いくつかの演題発表がありましたが、底屈方向に微弱な制御モーメントが加わる装具についての発表がありました。

 ゲイトソリュージョンにこの機器を取りつけて制御を行う事で、歩行パラメータの改善があるということでしたが、
 当院にもAADがあります。

イメージ 1

 足関節の麻痺改善のためには、微弱な底屈制御でも良さそうなので、AADを用いて軽い動きをアシストすることでも同じ効果が出るように思いました。

 片麻痺に限らず、足関節の動きの改善目的に活用したいと思います。