群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

日本人特有の猫背

 猫背といっても猫を背負っているわけではありません(当然?)。
イメージ 1

 猫のように背中が丸まっている状態の事です。

 子供の頃は親から猫背になっていると良く叱られたものですが、最近はいわれることが少なくなっているのかもしれません。

 さて、日本人特有の・・・というお話しでしたので、これをお示ししますが、下の絵で示すような姿勢(スウェイバックといいます)です。

イメージ 2

 スウェイバック姿勢では骨盤が後ろ側へ傾き、背骨の自然な湾曲が減り丸まっています。

 

 頭は肩よりも、前側へ出っ張り、前を向くために顎が上がります。

 

 骨盤が重心よりも前にあるので、ぽっこりおなかが出ます。

 

 お尻の筋肉の力も入れないので緊張が低くなります。

 

 また胸の前の筋肉の緊張で、肩甲骨が外側へ引き出されて背骨が丸まり、肩から首にかけての筋肉が緊張するので肩こりや頭痛が増えます。

 

このような姿勢が続けば、体のバランスが悪くなってしまいます。

 
 

 このスウェイバック姿勢は、デスクワーカーの方で多い姿勢です。

 

 重力に対抗できる筋肉の機能が衰えているためですので、トレーニングが必要と言えるでしょう。