群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

連休はいかがでしたか?

 今年もゴールデンウィークが過ぎ去ってきました(^^)

 連休を取れた方、通常のカレンダー通りに過ごす方、祝日が関係無いお仕事の方・・様々かと思います。いかがお過ごしでしたでしょうか?

 当院でも、丁度つつじがきれいに咲いていました!


イメージ 1

 

群馬リハビリテーション病院ではゴールデンウィークも患者さんはリハビリを実施していました。私も出勤する日があったのですが、思いがけず嬉しいことがありました。

 

以前担当をさせていただいて、現在は自宅で過ごされている患者さんが2組会いに来て下さったのです(*^_^*)。


当院の近くにある四万温泉への観光の帰り道と、中之条町で行われたマラソン大会に参加した帰り道に顔を見に寄って下さったとのこと。両方の患者さん・御家族の変わらぬ元気な姿を見ることができ心があたたかくなり、元気をたくさんいただきました!!


せっかくの観光途中に思い出してもらい、会うために来院して下さるなんてなんと嬉しかったことか!(私だけでなく、他部署の担当も含めてですが・・・。)

 

そして、近況報告をたくさん聞かせていただくと、退院時と比べ出来る事が増えて、苦手なことが少なくなっており退院されてからもリハビリを頑張っていらっしゃる事がわかりました。

 

当院はリハビリテーションを実施する病院の中でも「回復期」という役割を担っています。「回復期」とは、病気発症後に以前の生活と同様、もしくは少しでも近い状態での生活が送れるようになるためにリハビリテーションを行う病院の事をいいます。「回復期リハ病棟」の入院期間は最大でも6ヶ月と限られています。(※入院期間は患者さんの個々の状態によってかなり幅があります。)

 

私達がご一緒させていただく患者さんの練習時間を大切に、より意味のある時間になるようにしていけるように頑張りたいと思います。

 

                                担当記者ST勝見