群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

サイレントキラー

イメージ 1

 脂質異常とは血液中のコレステロールや脂肪が異常値を示す事を言います。最近は特定健診でも1/4の方が指摘をされているようですし、医療費もかさむ傾向にあります。

イメージ 2


 大きくはこの3つに分類できますが、低比重リポ淡白(LDL:悪玉)と中性脂肪は高いほうが体に悪く、高比重リポ淡白(HDL:善玉)は低い方が体に悪いという違いがありますので、混乱しやすいところです。

イメージ 3

 しかし、コレステロール中性脂肪は上のような意味を持ちますので、低すぎるのも考え物です。

イメージ 4


 LDLコレステロールが高いと動脈硬化の原因とされますが、逆にHDLコレステロールはこの余ったコレステロールを回収する作用がありますので、高く保つことが重要です。

 有酸素運動にはこのHDLを高め、中性脂肪を減らすという効果があります。
イメージ 5

 週3回、一日30分を目安に上の運動を参考にして、酸素を取り込みながら運動することを意識すると良いでしょう。

 脂質異常症は体の中を流れる血管中に起きる病気であり、目で見ることができないので、自覚症状のないまま進行します。
 健康診断でよくない結果が出たとしても、自覚症状がないので放置されることも少なくありません。
 また生活習慣を改善しても、数値でしか判断できないので、どの程度の効果が出ているのか分からず、気づかぬうちに進行してしまうこともあります。
 脂質異常症を放置すると動脈硬化が進んで、心筋梗塞脳卒中を引き起こします。
 この病気は初期症状が見られないことから、サイレント・キラー
「忍び寄る殺し屋」と呼ばれ、知らず知らずのうちに進行して、命にかかわる病気を誘発します。